スチーマーの使い方

| 未分類 |

スチーマーは、フェイシャルケアには欠かせない美容家電です。使用することで、血行や新陳代謝の促進、老化角質の除去、角質層の水分補給などの効果を得ることができます。

 
使い方は、機械によって異なりますが、一般的に水を入れてからスイッチを押すだけで数分後にスチームが出てきます。ほとんどが卓上タイプになるため、テーブルの上などにおいてから使うことになります。家庭でエステを行うときには、はじめの方で使います。メイクを落とし、スチーマーでマッサージを行い、イオン導入や超音波を始めます。
脂性肌タイプで頬や小鼻がざらつく人は、濡れても大丈夫なジェルやクレンジングでディープクレンジングを行います。特に、ざらつく部分は、念入りにマッサージを行い、続けていくことでツルツルが続くようになります。

 
乾燥肌の人は、オイルやクリームなどで保湿目的でマッサージを行います。スチーマーを使うことで、水分を足しながらマッサージができるため余分な摩擦を防ぐことが可能となり、次第にモチモチしは肌になっていきます。

 
混合肌の人は、季節や肌の状態に合わせて夏はディープクレンジング、冬は保湿目的のマッサージなど肌に合わせてケアを行うことが可能です。